サムシフター【親指】 のレバーが硬くて お困りの方に!

↓  この 親指で押して ワイヤーを巻き上げるタイプのシフターを御使用のお客様で‥

ワイヤ 巻き上げレバー.JPG       

 

レバーが硬くて

  しばらく走ると

    親指が痛くなって

しまう方、いらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

ワイヤ ケミカル.JPG  

工具を使わず 簡単にメンテナンスできますので

  アップ いたします。

←クリックで拡大

  

用意するのは ケミカルと ウエス。  画像は野澤オススメの

   レスポ チタンスプレイと シマノSP41グリス。

   

ワイヤ 汚れ取り.JPG   ← まず 最初にシフトワイヤーの露出している部分を拭き掃除します

   【アウターが無い、金属が見えている部分】

 

これをしないと次の工程で汚れをアウターに引き込んでしまいます。

 

   

ワイヤー 元に戻る.JPG

 

← この段階で シフトワイヤーは 

    ピ~ン と 張っていますね

 

   

さて 次は  クランクを回しながら【走行しながらでもOK】

                   左右のシフターを親指で押して最大限変速します!

  そうすると

ワイヤ インジケータ2.JPG 

 

←左手のインジケーターは 3 を表示し

   フロント チェンリングの大きいギヤに

     チェーンは掛かります

 

ワイヤ yんじケーたー4.JPG                                         

            右手のインジケータは 1 に なります→

 

 

 

 

ワイヤー チェーン位置.JPG

  この 時点で チェーンは 後ろのギヤ の一番 大きいところに掛かります。

     上の画像の様に【一部の車種では小さい方になります‥これをローノーマルと言います】

    さあ ここからが 大事な コツ であります。

 

クランクを回さないで 【あるいは走らないで】

 

 

ワイヤー 解除レバー.JPG←クリックで拡大                    

 左右の人指し指で動かすレバーをワイヤ インジケーター3.JPGのサムネール画像

最大限 カチカチ します。

インジケータの数字はこうなります【8速の場合は8】→

 

 

はい  みなさま  下記画像のように

    さっきまで ピンと張っていた ワイヤーは  ダラダ~ラとなります

 

ワイヤー 緩む.JPG

     こうなると

ワイヤ アウタはずし.JPG 

 

← アウタを フレームの留め具

から ズラし

  留め具にある 隙間から

外す事ができます。

 

 

 

 

 

ワイヤー ガイド抜き取り.JPG 

  すべての 部分のアウターを

   留め具から外し

いつもの位置からズラすと

普段はアウターの中に隠れていて 

直接グリスアップできない

  ワイヤーが露出します。

 

 

 

 

     

 

← SP41グリスを露出したワイヤーに塗りこんでいきます

   ワイヤーの ヨリ線の隙間に 刷り込む 感じです。

この 作業 かなりしつこく やります。

 

←クリックで拡大

 

 

← 余って ダマに なっているグリスは

    ウエスで 軽くふき取ります   

 

 

 

 

ワイヤ れすぽ吹きつけ.JPG

 

←次に レスポのチタンスプレーを

  指先に 溜めつつ

    すす~すっ と塗ります

 

 

 

最後に最初の手順とは 逆に アウターを フレーム留め金に嵌めれば作業完了です。

  クランクを数回転すれば 通常の形にもどります。

     必ず 親指が 楽になりますよ♪ 

 

 

  

前の記事へ

次の記事へ