ベアリングの玉当たりとはっ!

初心者様におきましては メンテナンスでまず難解なのは

       ベアリングの玉当たりでございます

            バイクには ヘッドパーツ BB ハブ ペダル

         などにベアリングが使用されていまして

             その 適正な玉当たり調整はバイクをスムーズに動かすのに不可欠です。

     前出のメンテ話【ハンドルの高さを変えてみたい!】では サクッと書きましたが

         今回は ベアリングな アップといたします!

 

   ベアリング1.jpg                     

←図A クリックで拡大

 

  さて! 皆様 まず頭の中で

    ドンブリが二個 重なっているのを想像します。

この 二個を回転させるとどうなるでしょう?

当然 ゴリゴリとした 感触の回転ですよね。

ベアリング2.jpg

 

この 二個のドンブリの 中間に

パチンコ玉を10個入れてみたと想像してください

←図B クリックで拡大

 

 

      そうすると‥‥

ベアリング3b.jpg図C クリックで拡大

 

パチンコ玉の おかげで 二個のドンブリは

図Aの時より滑らかに回転しますよね 

で‥‥その場合に ドンブリ同士を圧縮し

    同時に横方向からも力がかかったとします

 

   

強い圧縮ならば 横の力には強いですが 

       パチンコ玉が強過ぎる抵抗で食い込み 回転の感触はゴリゴリです。

 

弱い圧縮ならば  パチンコ玉は程よい抵抗なので回転の感触はスルスルとスムーズですが

                 横の力が掛かるとドンブリはガタガタしますよね。

 

もし この両者の中間で 丁度良い圧縮なら 回転もスムーズで  

           横からの力にもシッカリとドンブリを保持出来るポイントがあるハズです。

 

この ドンブリ圧縮と回転感触 そしてドンブリ同士の位置保持力のバランスが

       玉当たり調整であります。

   強過ぎても 弱過ぎても 駄目です ちょうどバランスが取れる領域です。

 

 

ベアリング4.jpg

 

←図A-α クリックで拡大

 

これは ヘッドパーツのベアリングとリテーナーです

 

これを 分解すると

 

 

 

 

↓ こうなります

ベアリング5.jpg 

 

←図B-β  クリックで拡大

 

でも 結局 構造的には前出の

  二個のドンブリとパチンコ玉の関係と大差はありません

 

ベアリングも程よい圧縮の力

          を求めているのです。

 

  高さ調整1.jpg   

←ボルトA を締めればドンブリは強く圧縮され

   ドンブリがゴリゴリ‥ハンドルはゴリゴリ

 

ボルトAを締める力が弱ければドンブリはガタガタです。

   ハンドルはガタガタ。

 

ボルトAの締め付けが ちょうど良ければ

      ハンドルはスムーズで 前後のもガタガタしないです♪

 

上記のような 形状のベアリングを カップ&コーンと言います。

  シマノのホイールのハブや カンパのミドルグレード以上のホイールはこのタイプです。

     古いタイプのBBもこのタイプでした。

 

 対して マビックのホイールや 最近のホローテック や ウルトラトルクのBBは

      シールドベアリングです。

         というより‥‥深溝玉軸受ベアリングのシールドタイプです。【説明サイト】

 

 

ベアリング6.jpg

 

← これ です。

 

カップ&コーンの玉当たり調整ほどシビアではありませんが

深溝シールドも やはり適正圧縮領域があるのです。

 

 

さあ みなさまも 玉当たりに挑戦しましょうね!

 

 

 

   中級者様向け付録 ↓

 

ベアリング7.jpg

 

←シールドは メンテナンス不要の使い捨てと言われてますが

 

実はシールをペロッと剥がして 

     中のグリスを高性能な物に変更したり

 

ベアリングごと接触型【耐久性重視】から非接触型【回転重視】に変更できますので←メーカ保障対象外の自己責任ですが。

 

 チューニングの余地はあると考えておりまして 実際 良好な結果を得ています。

 

 

↑ 上の画像の 黒いドーナツ状のがシールです。 シールの内円が内輪に触れているのが接触型

  そこが ギリギリ隙間が【ラビリンス隙間といいます】あるのが非接触。

当然、 非接触は とても良い回転性能を発揮します。 けど雨に弱いです。

 

 

『マビックは耐久性を重んじていますので...接触タイプ。 EASTONは 一歩進んで一個のベアリングの雨の侵入しない内側は非接触で外側は接触のハイブリット形状なんですよね。‥グットアイデアですね。。。そして そのベアリングがマビックの前輪に一致するサイズなんで 在庫しちゃってる志木店はベリーグットアイデアでんねん♪』

 

        by 野澤 

前の記事へ

次の記事へ