カーボンパーツのメンテナンス

スポーツバイクにとって素晴らしい素材であるカーボン。

  繊維と樹脂で作られておりますので注意したい点があります。

グリス1.JPG

 

←フロントフォークのベアリング接触面

  写真のLOOKのフォークは下玉押し不要のタイプ

    ここに 普通のグリスを塗ってはいけません。

 

グリスが 樹脂を傷めてしまいます。

グリス2.JPG

                   ↑ カーボンパーツに攻撃性の無いグリスで一番入手しやすいのは

                  トレックジャパンからリリースのSUPER COATですね

             なぜトレックかというと マドンは BB部分に直接ベアリングが嵌るので

                そのカーボンに塗るグリスを コレに指定しています。

           天下のトレック指定ですから 安心です。 2.000円です。

  無水.JPG                        

← 最近はフレームであっても

     カーボンにクリア塗装せず マッドな物も多いですね

 カーボンパーツを 洗浄したり脱脂するとき

【コラムを拭く時とか ポストが汚れていた時とか】

  パーツクリーナー使っちゃ駄目ですよ!

無水アルコール【エタノール】で拭きましょう。

  薬局で売ってます。

前の記事へ

次の記事へ