確実&強力 ペダル取り付け&外し方法

 スポーツバイクに夢中になると

   御自身でペダルを外したり付けたりしたくなりますね?

 

 簡単確実な方法を♪

 

    この作業の要点は 左側が逆ネジな点と 

       外そうとしたペダルが固く締まっている場合です。

 

1. 取り付け

ペダル3.jpg

 

←画像クリックで拡大

まず クランクを前方方向 水平にして

  工具を水平の位置でペダルに装着

工具を持つ手の逆の手はバイクを固定

工具を下げれば ペダルは締まります。

ペダル2.jpg

 

←左側も同様に

  バイクが動く方向に工具を作動させます。

 

 

 

上記の方法ならば ネジの正と逆を考える必要はありません。 

   動こうとするバイクを片手で押えれば良いだけです

 

2・ 外し方

  さて 取り付けの場合と同じ考え方で 

     バイクがバックする方向に工具を動かせば良いのですが‥‥

 残念ながら 直結のピストでないかぎり フリーがカチカチするので緩みません。

    ですので スルッと回転してしまうペダルを足で踏んで固定しつつ工具を引き上げます。

ペダル1.jpg

 

←最初は足を軽く乗せ、手も軽く引き上げて

 

徐々に両者の力を大きくします。

バランスが崩れるとダメです。

 

 最後はグーッと手と足に力を込める。

この時、バランスが合えばクランクは静止。

 

ペダル4.jpg

 

←右側

 

 

 

 

この方法で 『外れません‥なんとかしてくらさい』と御来店のお客様のペダルの殆どは外れます。

  人間‥踏んだ物を引き上げる姿勢だと ずいぶん大きな力が出ます。

【画像の工具は写真撮影の為、使用したコンビレンチであり、実際とは違います】

          工具は専用品を使用しないと ペダル自体を壊します。

 

  3.  それでも 外れないときは

 

  ペダル6.jpg                                             

← クランクと工具をこの位置関係にして

  工具の端部を 鉛直に 

    大きめの鉄ハンマーでバキッコン

      と叩きます。

ペダル5.jpg

←左側はこんな位置

いままで この方法で外れないペダルはありませんでした。

 

しかし この方法は ハンマーを使う経験に熟練した方

  【大工さん ハツリ屋さん アンカー屋さん などなど】

   はともかく

   ハンマー使いに不慣れな方はバイクに致命的な打撃を与えますので

             3の方法は試さずに自転車専門店に御持ち込みくださいませ。

                 by野澤         

前の記事へ

次の記事へ