エンドは非常にデリケート‥その遍歴

自転車おいて車輪の嵌る部分がエンドです。

  現在のロードバイクの後輪のエンドの殆どはストレートドロップエンドでして

    後方からネジが押していて位置決めできるタイプは少数派です。

 

concisecom.jpg

 

←現在でも一線級の性能を誇る

   テスタッチのクロモリ フレーム。

 

 

 

エンド6.jpg

 

 

←クロモリのエンドは

  フレーム本体と一体で出来ています。

 

もし 落車などでこの部分が曲がった場合は

  修正器具で元の位置に曲げ直してやります。

 

 

  しかし アルミフレームが主流になると この修正行為が何回もは出来なくなりました。

なぜならアルミの特性上 弾性限界を超えやすく塑性状態を修正すると切断してしまいます

      曲がったアルミを無理やり戻すと 切断しちゃう訳です。 

エンド3.jpg

 

← もし エンドが割れてしまい

  一体型のだと  フレーム全体が

    アウトですから 交換出来るようにしたのが

左画像のリプレースエンド。   交換式です

 

フレーム端部にはビスで留まります。

 

    その後‥ 事態は更に変わっていきます。

         エンド1.jpg                                                 

 

 

 

カーボンフレームの出現により

   リプレースエンドの役割に新しい側面が!

 

 

 

       それは 壊れやすくする  と言う性能です。

             カーボンフレームは高価ですよね。 大事なフレームが

         落車の度に 廃品では困る訳ですから  フレームに致命的な損傷を与える前に

       自らが割れてしまうように 最近のエンド金具は作られております。

 

   もしも 頑丈にリプレースエンドを作って衝撃を受けたら

  その根元のフレーム端部のビス穴は引き千切れてしましますからね。

エンド2.jpg

 

←左画像のリプレースエンドは

 LOOK595のものです

 

白い溝が見えるでしょうか?

 

 わざわざ 薄く作ってあります。

ノギスで測ると2.3mmしかありません

 

 

   LOOK595は カーボンエンドですので 丈夫なリプレースエンドじゃ困るのです。

 

    でもね‥‥新たな問題が出現します。  いつの間にかエンドが曲がるです。

 

   落車ならば その場で走行は中断しますが リプレースエンドは日常的に曲がります。

  輪行の時、ぶつかったり  家に置いているとき倒れたり その原因は様々でしょう。

    もともと 脆弱に作られておりますから。

 

エンド5.jpg

 

 

←りプレースエンドの先にはリヤディレイラーが付いています

 

 

後ろのギヤを一番軽い方にした時

  RDの先端 内側と車輪のスポークの隙間は

 

 

 

エンド4.jpg

 

← 正常な位置でも

僅か3~6mm

 しかありません。  

 

 

 

 

 

  壊れやすく製作され  つまり曲がり易いエンド。

      さらに その先には 回転するスポークとギリギリのRD。

         もし 曲がりに気付かず 走行するとRDは車輪に巻き込まれ

    大変危険です。   急にリヤの変速が不調になった時は 後ろから

        エンドの曲りをチェックしましょう。      by野澤

前の記事へ

次の記事へ