御同輩に捧ぐ!  もうすぐ‥‥ 寒い冬が

     ジリジリと肌を焼く太陽‥‥フライパンの上かの様な熱したアスファルト

    汗をかきながら陽炎を追いかけた

 

      秋風に頬を撫でられ 暑さとの戦いが懐かしく思う今日この頃‥

           40才オーバーデビューの御同輩の皆さま 如何お過ごしでしょうか?

 

  今年の春以降にスポーツサイクルにデビューしたお方には初めての冬がもうすぐです。

    私自身が40才での再デビュー それが2度目の出戻りなのは以前書きました。

     その経験を踏まえて初めての冬に対する心構えを書きますね。

中学生だった三十余年前、1度目の出戻りの20年前‥真冬は乗らなかったと記憶しています。

   当時も真冬に走っていた本格派はいらっしゃったでしょうが私は寒くて無理でした。

   

しかしながら私‥この7年間ほどは真冬絶好のサイクルシーズンと思っております。

   ↓ 青く 高い空の下  澄み切った冷たい空気の中で走る 

         冬のサイクリングは とっても気持ち良いですからっ!!

0114WR1冬.jpg        そして 冬場に淡々と長い距離を高すぎない心拍数で走り込むのが

                     競技者のトレーニングには不可欠だからです。  

   そしてそれは競技者のみならず

健康の為或いはストレス発散の趣味としてサイクルライフを過ごす御同輩にも当てはまります。

冬場のロングライドは毛細血管を育て、サラサラに血液を変え、体脂肪を燃やしますから!

2xuuuuu冬.jpg

 

しかし、いくら温暖化といえ20年前に比べて寒がりの私が乗れるようになるほど関東の気温が上がった訳ではありません。

 

← 真冬のサイクリングが可能になったのは

ウエアの進化によるところが大変大きいです。

 

 

 アウタージャケットとアンダーウエア素晴らしい進歩!!  これですっ!

  皆様は既に夏場の走行でお気づきかと思いますけど

       サイクリングはとても汗をかく運動です。   冬でも沢山、汗をかきます。

  私もカムバック当初は スキーウエアかなんかで代用できないか試しましたがダメでした。

プリン~1冬1.jpg    

←自転車用のアウタージャケットは

 前方からの冷気を遮断しながらも

  背中から湿気を抜いてくれます。

上の写真と左の写真は同一の物で

2XUMembrane Cycle Jacket

正面はウインドブロックですが背中は吸湿速乾素材です

 

    どんどん 湿気が背中から抜けていきます。  ですから汗も体に残りませんから

       汗冷えしないです  【同時に高機能アンダーウエアも必要です】

  ‥スキーウエアで走ったらね‥ものの数分で汗が溜まりだし 暫く我慢し休息ポイントで

     止まったら 急激に汗冷えし 風邪ひくこと請け合いであります。

PA081211.JPG 

 

←もうひとつ所有のジャケットはASSOS

 エアブロック851  これは2XUより更に背中の

  抜けが良く、 ちょっとハイペースのライドで着用。

 

  来年で50才の私は そのライドが心拍数 130~150なら2XU

             状況で170オーバーの場合はASSOSを着ていきます。

 冷たい北風に抗いながら ハアハア飛ばしている状況でASOOS肌を快適に保ちます。

   スイス生まれのASSOSは 負荷をかけた自転車運動にジャストフィット

     ‥良い機能を想像した通りに感じると 思わずニヤニヤしながら走ってしまいます。

 

    が 休息ポイントで風上に背中向けると その構造故、メチャ風を通し寒いです。

     ですから 止まったときは風上向くかウインドブレーカー着ます。

 

 真冬はですね‥‥ 家を出た 走り始めにちょうど良い設定では

     道中走って 体温上がったら確実に暑くなって 余計な汗をかき結果、風邪ひきます。

家を出るときには 薄いウインドブレーカーを着て 暫くしたら信号待ちで脱ぎましょう。

 

 また そこまで負荷を上げない御同輩におきましては 背中にもウィンドブレーク素材を配置

  したウエアをオススメ致します。   冬こそ適材適所の機材選びで御座います。

         by野澤       

前の記事へ

次の記事へ