ほんとにキツイのは登坂ではなかった

彩湖でだいぶ身体も慣らし、そろそろだろと思い行ってきました

 

「ピストで物見山」・・・・ (ショート周回)

 

 

monomi.JPG荒川からいつも通りの道を走りいざ登り口・・・

ギア比は48×17なので約2,82。普段のロードに換算すると53×19で約2,79。

なので最初の登りはそれほどきつくなくシッティングでジワジワと踏んでいく。

交差点手前のガツンと勾配のあるところも無難にダンシングでクリア。

確かにキツイことはきついけどそんなでもないな~と思いつつ・・・・・・

 

しかし!ほんとにキツイのはここからだった!!

 

登りきって下りに入ると容赦ない回転数に脚が振り回され、時速55kmでケイデンス160程に。

下りでスピード上げたはいいけど脚止まんねーしこの回転数で俺はここからどうすればいいんだ的な感じ。とりあえずクランクの回転に負けないよう回して回して・・・・・

下りから左へ曲がりアップダウンコース。ケイデンスを一定に保てないキツさがここで爆発。下りで回して登りで踏むの繰り返しに容赦ないダメージを受ける。やはり

 

「こまめに変速していかにケイデンスを意識して走ることが重要か」

を身をもって理解。

交差点を左折しキツい登りに。

ここでもシッティングとダンシングを混ぜながらクリア。

登りで感じられるのは、特にダンシングした際に

 

「踏み脚と引き足がパワーを相殺していないか」

という点。

あえて踏み脚から引き足への切り替えを遅らせてみると、完全に体重を乗せて踏み込む脚に対して邪魔しているんです。要するに「片足がバックを踏んでしまい減速する」

これはフリーギアでは体感しにくいですね。

パワーの入力がそのままリアルに現れます。ダンシングスキルを磨くには非常に効果的!

しばらく研究してみたいと思います。

 

調子にのって2周回行こうかと思ったけど、よく考えたらここで脚を売り切ったら最後までこのギアで踏んで帰れねーんじゃね?

ってことで今回は1周のみ。

 

帰りは向風が強くて物見2周してたら死亡フラグ確定でした。

 

距離80kmくらいでもロードで160km乗ったような疲労感・・・

脚もきついが上半身が特に・・・どんだけハンドル引き付けてんだか・・・

 

近々・・・行けるか白石っ・・・!?

          

                                by新開

前の記事へ

次の記事へ