スム~ズ♪  に ボトルがinするケージは大切

    お求め安い価格の 金属ボトルケージと

    とっても高価なカーボン製ボトルケージ・・・・・

 

    その差は 見た目だけではありません!!!!

   

   材質の違いが 使い心地に大きく影響します。

 

    サイクリング時によく言われるのは・・・

     『喉が渇いてからでは遅い! 頻繁に水分補給をしろっ!』 です。

       おそらく 夏場に100km走るのには30~50回は水を飲みます。

 

  もし・・・そのボトルの出し入れが 軽く スムーズならば

    1回当りの ストレス軽減は小さくても  1日走ったストレス軽減量は大きいでしょう。

 

    弾性性質が適しているから カーボンボトルケージはスムーズですね!

 

  ・・・・・でも  高価です!   そこに救世主が出現しました!!!!!

 

P4057107.JPG

       BRIDGSTONE  の ボトルケージです!

     動作の様子の 動画 ↓

   私の感触では カーボン並みにスムーズです。

     そして軽い!!

 

  プロチームを擁する アンカーならではの 良心的高性能♪

 

     そそそ そのうえ 価格は780円だあぁぁぁぁ

  

   ・・・・材質が紫外線にどれほどの期間耐えうるかが 今後興味あります。

 

     おすすめですね。    b野澤

前の記事へ

次の記事へ