[fitter屋]同じ前屈でも意味が違う!

「柔軟性が大切ですよ」と言っても色んな意味があります。

本日、ちょっとお客様から質問があり、柔軟性について説明しました。

ここでは実例を。

 

まず

「前屈で指が地面に着かなかった」→ストレッチで着くようになった!

良い話ですが、果たしてそれは何処がストレッチされた結果なのでしょうか!?

zenkutu.JPG

写真をご覧下さい。

左が自分、右がバイト君です。

どちらも地面に指は着いています。

違いは

自分は骨盤・腰(ハムストリングス含め)の柔軟性が大きく(赤い線)

バイト君は背中の柔軟性が大きい(緑の線)

とわかります。

 

では自分は何処をストレッチすると効果的か?

上半身・肩周りのストレッチをしたほうがよさそうです。肩甲骨周りが硬いのも背中の真っ直ぐさに出ています。

 

ではバイト君は何処をストレッチすると効果的か?

ハムストリングスですね。ハムが硬い=引っ張られると骨盤から曲げられず腰が立つように見えます。

正直な話、バイト君は問題あるほどハムが固くありません。(モデルがいなかったので自分と比べての話をしています)。

ハムが硬い人は赤いラインがもっと上を向きます

もしくはハムを緩めるため、ひざが曲がります

ということは「前屈で地面に手が着く」人でもフォームが違うということ!

改善点も(問題点も)違うということです

 

★プレミアムを受ければ自分に合うポジションとフォームが見つけられます!!

詳しくは高橋までお尋ね下さい。

(予約制ですのでお電話にて確認下さい048-471-0069)

 

2月は毎週日曜日11時開店~13時まで

「マッサージをしながら身体を見る」パーソナル講習会を行います!

こちらは事前予約なしの早い者勝ち!

一人20分程度を予定しています。

新城選手も使う「スポーツアキレーン」のオイルを使ってスポーツマッサージを行います。

2012/01/30 takahashi

前の記事へ

次の記事へ