チューブレスで 微妙な空気漏れに悩むアナタ様へ
by: 野澤 伸吾

きっちり 装着しているのに 

スローパンク的に空気が漏れてしまい

 

なんでだっ!  このタイヤは欠陥品か!と 

 

チューブレスでお悩みのアナタ様っ!

 

 

 下の動画を御覧ください。  私自身が店の在庫品を使いテストした動画

  勿論、タイヤもホイールもチューブレス対応品です。

 

  どうですか・・・ A の文字のところから ピチピチと気泡が漏れます。

  で・・・・わたしは  『このタイヤは 欠陥品だ!』 と判断しました。

   だって  側面から漏れていますからね。  つまり ビートからではなくタイヤの問題だっ! と

 

 

  が しかし 問題はそんなに 単純ではなかったのです。

     この写真を見てください

IMG_7001.JPG     ↑ カンパの ツーウエイフィット。  つまりチューブレス対応のリム

IMG_7002.JPG ↑ こちらは 普通のクリンチャー仕様のシャマル・・・・・どこが違います?

縮小2IMG_7002.jpg

   ↑ ここが

2縮小IMG_7001.jpg

 ↑ ここの 形状が大きく違いますね。   それは何故か!

IMG_7008.JPG

 ↑ これは  シマノの デュラの断面。  左がクリンチャ 右はチューブレス。

   カンパと同じ 特徴でしょ。

    理由は・・・・・・

縮小A4445554IMG_7001.jpg

   ↑ チェーブレスタイヤにおいて

 密閉性が保障されているのは この グリーンのライン

         の部分だけなんです!

 

  その為に チューブレス仕様のリム断面はアノ形状なんだね

 

      この 事を知らなかったのですね   私はっ!

縮小B1IMG_7001.jpg

 前出の 動画の時・・・・タイヤとホイールの関係は ↑ この様な位置だったのです。

  この場合・・・外から見ても リムラインは正常です!   しかし・・・・・

2縮小B1IMG_7001.jpg ↑ この 赤い丸の ようにビートが完全にハマってなくても わからないのです

3333縮小B1IMG_7001.jpg そうすると・・・・・この赤いラインの部分がタイヤ内部の空気に晒されます

   この 部分は 漏れる部位です!  なぜならば・・・・・

4442縮小B1IMG_7001.jpg タイヤの構造体である  カーカスの端部が露出しているからです。

   ↑ この図では  右側は キチンとビートが乗り・・・・空気は漏れません。

4444442縮小B1IMG_7001.jpg ↑ そうすると  ケーシングを伝い 空気はタイヤサイドに回ります。  そして

    そして ゴムの薄い 刻印の部分から 漏れ出します・・・・・

★ この症状は・・・タイヤを嵌める際に  専用の潤滑剤 【石鹸水みたいなアレ】を塗り

     かつまた

 一度空気圧を 規定値にしたあと  空気を抜いて

  再度 規定圧を注入すると 改善されます  

・・・・嗚呼  しらなかった  そうやって漏れてたんだね。  怒鳴ってごめんね タイヤメーカーさん。

 

 

  はい  そして・・・・・

    チューブレス に対応していないリムに

     【普通のシャマルとか キシリ」ESとか エリートとか】

      に  裏ワザのチューブレス化で  ハメたらどうなるか!

縮小C11IMG_7002.jpg どんなに チャンとはハマって見えても  【外見は】

 いやっ!  外見だけでなく キチンとビートが上がり ハマっていたとしても

   たとえ シーラントいれたり しても

   リムの 密閉部分が アソコを塞いでいない!

    

縮小C11555IMG_7002.jpg リムの 構造自体が 例の部分を密閉しませんので ・・・・・・

   漏れます。  これが タイヤメーカーが 【チューブレスホイール以外とのいかなる組み合わせも】

   保障対象外にする  理由でございます。はい。

    構造的に 漏れます。  宿命です。 

前の記事へ

次の記事へ