コラムカット      ★漢切り★      の実際
by: 野澤 伸吾

少し前に納車いたしました ホスピタリティバイクが↑

  余分なコラムをカットする為に 里帰りしてきました♪

新しくバイクを組む場合、たいていはコラムを長めで納めます

 【このバイクの納車記事】

   切ったものは 元に戻りませんからねー

KORAMU (1).JPG

         ↑ ステム上のスペーサーを外すと余分なコラムが見えます

KORAMU (3).JPG

                ↑  測ってみると 25mmあります。

    ★ステムとトップキャップの間に 何も無い

       志木店通称 【漢切り】 の場合は28mm切ります。

    ★自転車整備の教科書的観点からみますと

 コラム上端の強度確保のため ステムの上に少しコラム長を残します。

      その場合は 23mm カットし、コラムから2mm突き出し。

  今回のお客様は後者をお選びです。

KORAMU (2).JPG

             ↑ Fブレーキワイヤーを外して ステムを緩め

     ハンドル&ヘッドパーツを外せば・・・・・・

KORAMU (4).JPG

         ↑ 順番を間違えなけりゃ 簡単にフォークは外れます

SI5S5923.JPG

    ↑ ついでに ベアリングは汚れを落とし

      表面にグリスを塗っておけば 親切ですね。

KORAMU (6).JPG

     ↑ ステムから 少しコラムが出ているのが見えますね。

    この突き出し量が2mmで 5mmのスペーサーを乗せると

SI5S5927.JPG

      ↑ スペーサー上端とコラム上端の落差が 3mmです

   この3mmがヘッドパーツ圧縮の為の 引き白になります。

    ★ここに落差がないと ガタが取れません

      もし ハンドル周りを御自身で取り替えて

     ガタが解消しない場合は ここを見てください。

KORAMU (7).JPG

   ↑ そんな作業を行い・・・・・・

      この漆黒のビアンキは本来の姿になりました!

        ええ このステム上には5mmのスペーサー姿が

          いいですねー♪

       BY野澤

前の記事へ

次の記事へ