パンクにもいろいろ・・  リム噛みとリム打ちとは? 
by: 野澤 伸吾

ゴムでできた中空に空気を充填する構造を

 タイヤがもつかぎり・・・パンクとは無縁になれません

   とうぜん アナタ様の愛車もいつかはパンクします。

スポーツバイクの場合には一般的なパンク

  【釘やガラスが突き刺さる】 以外にもパンクします。

 

クリンチャータイプ特有なのが リム噛みパンク

 【リム噛みパンクの過去記事】← クリック!

リム噛みパンクの原因は組み付けのミスです。

その 特徴は走ってないのに破裂する と

    長い亀裂がチューブに発生 です。

 タイヤ装着時には 十二分なチェックが肝要。

 

・・・・・もうひとつの特徴的なパンクが・・・・・・

   リムちパンクです。

P8270881ugijho.jpg

       ↑  グレーチングの端部を通過したりすると発生します。

    【リム打ちの 過去記事】  ← クリック!

  

   このタイプのパンクが厄介なのは・・・・

   前後同時に発生しやすい事です

    自らの体重と運動エネルギーで・・・・・・

SI5S7545_R.JPG

                         ↓

SI5S7546_R.JPG

                         ↓

SI5S7547_R.JPG

                         ↓

SI5S7548_R.JPG

                         ↓SI5S7549_R.JPG

                         ↓  

SI5S7550_R.JPG

                         ↓SI5S7551_R.JPG

    たとえ 20km/h以下の低速であっても

  抜重行為なしに 縁石やグレーチングに

        進入すれば チューブは

  タイヤとリムに挟まれ れてしまいます。

    その時には 小さな穴が二個あきます。

SI5S7563.JPG

    この穴の間隔が リムの幅な訳ですね。

       リム打ちパンクに特徴的な穴ですね。

 

   道路の凹凸には注意しましょうね

    by野澤

前の記事へ

次の記事へ