【追記】なにがなんでもDi2の配線はフレームの中に入れたいぞ
by: 野澤 伸吾

数年前に収めたDOGMAがDi2化の為に里帰り

  この年代のピナレロは シンク2でないですから

電動コンポの配線をフレームの中に内装できません。

 

なぜなら・・・シフトのワイヤーが通る穴の内径は大体2mm~3mmで細い

  Di2の配線の先はジョイントの為、コネクターがついていて太い 5mm

 ですので 無理やり通す場合は フレームの穴を拡大せねばなりません

 

 

だけど なにがなんでもスッキリ取付したいので・・・・・

 

  考えました。 もし  

   配線のコネクターを切れば内装できるのは

      だれでもすぐに思い浮かびます。   

DSCF2484.JPG

            先端の太いコネクターを切れば 配線自体は細いので

   Di2未対応のフレームのシフトケーブル穴に貫通できるのです。

 そう  切ってから 繋げればどうか?

DSCF2486.JPG

    つなげれば この箱 【ジャンクション】

      に差し込めますからね。

SI5M9611.JPG

          ↑ STIやFDやRDからの配線はBBの下で

           一旦、集合します。   うーん

     4本のコードが差し込む・・・・・・。

     てことは もし配線を切断した場合は

     この凄く細い配線を 4本×2【プラスとマイナス】×2【両端】で

   16本 端部処理し 8カ所の半田付けをしなければならない

 

  ・・・・・端部処理は時間が解決するが 8カ所もの半田固定

     リスクが大きすぎます。  うーむ  無理かなぁと

      思った瞬間・・・閃いちゃったんですよね!

SI5M9611.JPG

                  ↑これを見ていて・・・

    ビビッと閃いたのは・・・・・

この部品て 内部で何してんだろう?  てこと

 

    7970は配線接続に指定がありましたが 6770以降は

  どの穴に なにを差し込んでも OKなんですよ。

 

そう てことは このジャンクションの内部では

配線がプラスとマイナスで一つに集合しているだけなんじゃね?

もしそうなら  先ほどの8カ所の半田付けは2カ所になる訳ですよっ!

シマノ客センに訊いても教えてくれるハズないので

自分で確かめました・・・・方法は

SI5M9612.JPG

                   ↑不要なジャンクションを

SI5M9613.JPG

             ↑ ぶっ壊して 中を見ました。

   はいっ!  ビンゴッ!  配線は単純に繋がっているだけです。

 

    この事実の認識は大きいです。

単純に繋ぐだけなら わざわざコネクターを復活する必要がない

 

     やってやるぜ! 

 俺には出来ると 言い聞かせ

 

DSCF2473.JPG  四本の配線を ブッタ切り BB下に通します。

    配線だけなら ワイヤーの穴に通るので

  フレーム側の穴を広げたりしなくても 簡単に内装できます!

    ふっ  ここからが大変よ

DSCF2468.JPG

        ↑ TVの【医龍】 手術みたいにカメラで拡大したが 

              この方法は ダメだった。

1-DSCF2471.JPG

              ↑ 結局 老眼鏡をかけて地道に工作

SI5M9565.JPG

          ↑ まずは このように裸線を露出させます

DSCF2478.JPG

       この時 余計なところの被服が剥がれてはイケマセン

     この赤と黒を計8本 作業します。

SI5M9583.JPG

                ↑ で 四本の赤を半田でまとめます

           次に 4本の黒も まとめます

SI5M9600.JPG

        ↑ これくらい盛れば 外れないと考えています

       くっつけたら 熱収縮チューブで絶縁します。

SI5M9603.JPG

         ↑ はい 四本の配線がまとまりました

     つまり この状態は ジャンクションでつながったのと

    同じはずなんですね。    

  はい  試験的に 動かかしてみた動画です 

 

 

はは  人間 諦めなければ道は拓けるものですな~。

 これで オーナー様の御希望は果たせた訳です。

   はい 勿論 自己責任の 悪魔改造ですよ。

     メーカーの保証は一切ありませんYO

       by野澤

前の記事へ

次の記事へ