RITCHERヤグラに   TRITONEをつけてみた
by: 野澤 伸吾

昨年からUCIのレギュレーションが変わり・・・

 日本国内のホビーレースにおいても

TTマシンの寸法規制が厳しくなってきていますね。

 

規則のひとつに

BB中央垂線からサドル先端は50mm後退せねばならない

SI5S9062.JPG

↑ 赤いラインが BB中心から伸びたレーザー鉛直光線です

    さてそうなりますと 標題のFi'zi:k TRITONE braided

      のような 先端が切り詰めたサドルが便利です。

 しかし この手のサドルを通常の後退ヤグラに取り付けると

  前進し切らない! 【一番前にだしても85mmとか】

   という ケースも珍しくありません。

    今回のウリエール チェントウノと

 Fi'zi:k TRITONE braidedの組み合わせもそうでした

  でもっ!  

このリッチー製のヤグラは反対装着に対応してましたねっ!

SI5S9064.JPG

       ↑ この組み合わせにおいても

     サドルの水平は確保できました。

  該当機種の方の御参考になればと思い報告します

    by野澤

前の記事へ

次の記事へ