私の逸品 DOGMA   新 F8 を組む!【追記】
by: 野澤 伸吾

まだ 7月に入ったばかりですが

 ピナレロの 輝く ♪ 新型DOGMA。。。

   組み始めました!

DSCF8493.JPG

        ↑ 後方のタイムからの載せ替えですね。

    オーナー様は素晴らしきキラ星☆を乗り継ぐのです♪

  F8は初めて組むバイクですので ユックリ慎重に組みます。

DSCF8496.JPG

                   ↑ シートポストはエアロ形状

          後方からイモネジで止ります。

SI5M7592_R.JPG

             ↑ 内部はこんなふうになってます

SI5M7593_R.JPG

          ↑ このての部品は 異音 の発生源になりやすい

         アルミのボルトが突き出す側にはデュラグリスを塗布し

SI5M7595_R.JPG

         ↑ シートポスト側には 滑り止めを塗布しときましょう 

    ★ BBから異音がすると御来店の方々の

             40%くらいは サドル周りが音源ですから。

DSCF8499.JPG

                ↑ 慎重に締めていきます

    ・・・・・細めのイモネジですので 良い工具で締めましょう。

     廉価な工具だと舐めますよ。

   今回のコンポはDi2です。

  前バイクでは 6770でしたけど 載せ替えを機に

 11速度化しました。    ええ RDだけ9070にしました。

SI5M7598_R.JPG

          F8は 機械式も電子式も両用なシンク2です。

     BBのシェル 【筒】 には三つの穴があいてます。

  RD用 の後方。  FDおよびバッテリ用の上面。

   そして ハンドルに向かうダウンチューブ側。

    普通に組むと  この穴から穴へ 配線は延びます。

     けどね・・・わたし いつもそれが嫌なの。

  このF8は 幸いシェルの周りが空洞なので

   【695は 隔壁があるから無理なんです】

    ひとつの穴から 四本を出しまして・・・・

SI5M7602_R.JPG

        ↑ ジャンクションを 一気に繋げて 中に押し込めば

SI5M7603_R.JPG

              ↑ すっきり なんにも なーい♪

SI5M7604_R.JPG

             ↑ ついでに アルミテープで塞いどきました。

     実際はBBの筒とシェルにはクリアランスがあるので

   こんなのは 必要ないけど  なんかこの方が安心。

  シートとダウンからの浸水は 機械式の穴から下に抜けるので

 水が溜まる心配はありません。  

SI5M7605_R.JPG

          ビルトインバッテリーは デビル加工で納めました

07/05 追記

   あれ? 翌日になってハッとしましたが

 F8ってポストに金具でビルトインバッテリーが装着できるんじゃ?

DSCF8518.JPG

    この金具は標準な付属品なんでは?・・・無いですぞ。。。

  月曜になったら問屋さんに問い合わせてみよう。

 

 

SI5M7596_R.JPG

              ↑ シンク2 はDi2にする場合

               この蓋を取り換えます

SI5M7597_R.JPG

                ↑ ピナレロさん・・・・

       Di2用の蓋の左右の刻印 間違えましたね。

    RとLが逆でした。   はは。

SI5M7607_R.JPG

         ↑ RD出口の グロメットも付属品にありませんでしたねー

        手持ちの合いそうなものを付けときました 

    【手の上の物は 機械式用です】

SI5M7606_R.JPG

                ↑ ジャンクションAは メータブラケットに

        チョチョット穴をあけて タイラップで止めましたね。

   DSCF8515.JPG

        ↑ まあね  スッキリな感じ。

      あとは ブレーキを付ければ 完成ですな。

         明日には完成な御姿をお見せできましょう♪

            by野澤

前の記事へ

次の記事へ