コルナゴ本社&ジロ・デ・イタリア観戦ツアー報告DAY4&5
by: 田中 伸也

コルナゴ本社&ジロ・デ・イタリア観戦ツアー報告DAY4&5

DAY4 5/14 COMO湖畔サイクリング

前日までギザッロ教会まで登るとの予定もあったのですが、スケジュール的に無理とのことで当初の予定どうりコモ湖畔のサイクリングになりました.

 

IMG_2517.JPG

IMG_2522.jpg

朝は肌寒い感じでしたが、太陽が高くなるにつれ快適な気温に、湿度は低く少々陽が出てもさほど暑く感じず絶好のサイクリング日和。美しい風景を満喫できました。

また車との関係もヨーロッパならではでしょうか?後方からのクラクションも無く、幅寄せなど皆無。

車のドライバーも自転車に乗る気持ちを知っているかのように追い越してくれます。

 

この日のために用意されたC60に装備されたカタログ未掲載のカーボンクリンチャーホイールとのマッチングはかなり良い感じで非常に軽い踏み出し。

以前横浜で行われた試乗会で乗った時より軽い感じでした。美しいCOMO湖マジックでテンションが高いせいもあったかも知れません。

それでもC60の芯の硬さは変わらず普段乗るRB1000とはまた違ったリズムを要求してきます。今回のライド、行きはほぼ30km/hをキープ。湖畔路ですが意外とアップダウンがあります。

登りはケイデンスが落ちないように回して走ればホイールの軽さもあり非常に快適。見通しのいいストレート区間が見えると強く踏んで試したくなる衝動に駆られるほどフラットの巡行も軽い。

プロは平地系のコースはC60,登坂系はV1-Rが多いとのことです。

それでも往路は何処となくC60とのずれを感じていましたが、復路の頃はだいぶ馴染んで軽さが自然な感じになりました。

下り基調では48km/hを超えることもありましたが、30km/hとさほど変わらない感じで走っていきます。このあたりはトップモデルならでは安定性です。

IMG_2532.jpg

IMG_2545.jpg

帰りにコモ湖畔のカフェで小休止。

同じカラーのC60が5台揃うことはプロチーム以外ではかなり珍し光景です。

このカラーは今回のツアー限定でシートポストも同じカラーを塗ったスペシャルです。

一息ついて個別に記念撮影をしていただいてホテルに戻りました。

ホテルに戻りシャワーを浴びて、昼食後にギッザロ教会へ行ったグループと合流してミラノ市内のカルフールでお買い物タイム

ここで世界の釣り銭の常識を知りました。

 

DAY5 5/15 ミラノ市内半日観光

サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会で「最後の晩餐」を鑑賞

もちろん撮影禁止、世界遺産ですから

IMG_2623.jpg

その後、イタリア最大の教会「ドゥオモ」を訪れました。

IMG_2610.JPG

この教会完成までに400年掛かっているそうです。

ステンドグラスが全て美しい!

IMG_2603.JPG

IMG_2595.jpg

IMG_2593.jpg

IMG_2587.jpg

この日午後からの悪天候で予定の飛行機がキャンセルとなり、ミラノにもう一泊のアクシデントがありましたが、関係スタッフの皆さんが尽力されて無事全員帰国の途につけました。

今回のツアーは工房&本社訪問、ライド、買い物、観光と盛り沢山で

非常に楽しい旅でした。

コルナゴの真髄をもっと販売店のスタッフに知らせたいNBSの方々の情熱が伝わってくる内容でした。

またご一緒させていただいた他販売店の皆さんと楽しい旅を共有できたことはとても有意義な時間を過ごせたと思いっております。

 

ありがとうございました。

前の記事へ

次の記事へ